婦人

肌のバリア機能の低下

化粧水

冬になると特に悩まされるのが、乾燥肌です。ひどいと粉がふいてしまったり、シワっぽくなってしまいメイクもうまくのらなくなってしまいます。乾燥肌の人は、肌の水分量だけでなく、皮脂の量も少なくなっており、肌のバリア機能が弱くなってしまっているために肌荒れを引き起こしやすいです。このような乾燥肌を引き起こしてしまう要因は多数あります。日常生活でいえば、紫外線を浴びることやエアコンに当たること、偏った食生活から乾燥肌を引き起こします。さらに、誤ったスキンケアでも乾燥を引き起こしてしまします。化粧水で水分を与えた肌に、乳液などの油分でフタをしてあげないことで化粧水の水分が蒸発してしまうのですが、そのときに肌に残っていた水分も一緒に蒸発してしまうのです。さらに、入浴中も同じことが言えます。メイクを落とした状態で長時間湯舟に浸かっていると、汗と一緒に肌の水分も流れ出てしまい、乾燥肌に繋がります。しかし、少し気を付けてあげるだけで乾燥肌は改善することができるのです。スキンケアは水分をたっぷり補給してあげてから、必ず油分でフタをする、長時間湯舟に浸かるときはパックやクリームを塗ってあげるなどが手軽で有効な方法です。また、スキンケアもセラミドやヒアルロン酸など、水分を抱える力のある成分を含むものを選んであげるとより効果的でしょう。肌は摩擦に弱いので、肌をこすらないように注意することも大切です。洗顔の際はもちろん、洗い上がりの肌をタオルでふくときやスキンケアの際はできるだけ優しく肌に触れるように気を付けます。まずは簡単に実践できることから始めて、乾燥肌を改善し強い肌を手に入れましょう。

Copyright© 2016 ドクターズコスメが選ばれるワケ~ワンランク上のスキンケア~ All Rights Reserved.