婦人

スキンケアの基礎

スキンケア

スキンケアの基礎であるのが、洗顔です。毎日使う洗顔料ですので、自分の肌に合ったものを選ぶことが重要です。洗顔料には、様々なタイプがあります。洗顔料の種類としては、固形の洗顔石鹸、洗顔フォーム、泡状、パウダーが主に挙げられます。それぞれのタイプにメリットがあり、例えば洗顔フォームの場合は手でも泡が立てやすい、泡状のものは泡を立てる必要がないのですぐに洗えるといった具合です。このように数ある洗顔料の中でも、どの肌タイプにも合う万能なものが洗顔石鹸です。洗顔石鹸は、乾燥肌の方の場合つっぱりを感じて余計に乾燥してしまうと考える方がいます。洗顔石鹸には肌をしっとりさせるための油分などがあまり入っておらず、汚れを落とすという目的を重視しているためにこのように感じるのです。しかし、洗顔をする目的は肌の余分な皮脂と汚れを落とすことです。洗顔石鹸で肌に残っている、余分な皮脂と汚れをしっかり落とし、そのあとに行うスキンケアの浸透をよくさせることで、スキンケアの効果を最大限引き出してくれます。洗顔で潤いを求めるよりも、洗顔後のスキンケアでいかに潤いを与えてあげるかが重要なのです。また、洗い方によっても洗い上がりに乾燥を感じてしまうことがあります。洗顔石鹸をよく泡立てずに、顔に手が触れる状態でこすり洗いをしてしまうと、肌に必要な潤いまで奪い肌を痛めてしまいます。洗顔石鹸をよく泡立て、顔に手が触れないように泡だけを転がすイメージで洗ってあげましょう。また、洗い流す際に熱いお湯を使用することも乾燥に繋がりますので、ぬるま湯で流すのがよいです。洗い方に注意すれば、洗顔石鹸に限らず洗顔後の乾燥を感じにくくなるのです。色々なタイプの洗顔料を使ってみて、自分の肌の調子が一番よくなるものを探してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2016 ドクターズコスメが選ばれるワケ~ワンランク上のスキンケア~ All Rights Reserved.